>  > 【T363】ヴォクシー [H26/1-H29/6][ZRR80G/ZRR80W/ZRR85G/ZRR85W] アブソルート Bellezza ベレッツァシートカバー

【T363】ヴォクシー [H26/1-H29/6][ZRR80G/ZRR80W/ZRR85G/ZRR85W] アブソルート Bellezza ベレッツァシートカバー

音楽ジャーナリスト沢田太陽がお届けする海外エンタメ専門ブログ。最新の「全米チャート」「全英チャート」「全米映画興行成績」の解説を軸に、洋画・洋楽・海外ドラマ(アメドラ)の最新情報を、世界の今の空気感と共にお届けします!
【アドミレイション】Belta E51エルグランド 後期 リヤハーフスポイラー 左右デュアル出し用 素地 | ATOM | SEARCH
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
profile
recommend
Freaks & Geeks: The Complete Series [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)

recommend
スーパーバッド 童貞ウォーズ コレクターズ・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

recommend
俺たちニュースキャスター [DVD] (JUGEMレビュー »)

recommend
に溺れるアメリカ広告業界を描いた話題の海外ドラマ! (1WeekDVD)" />
マッドメン シーズン1 DISC1 1960年代<欲望>に溺れるアメリカ広告業界を描いた話題の海外ドラマ! (1WeekDVD) (JUGEMレビュー »)

recommend
プロジェクト・ランウェイ/NYデザイナーズ・バトル シーズン1 DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

recommend
30 ROCK/サーティー・ロック シーズン1 DVD-BOX1 (JUGEMレビュー »)

new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
映画「愛、アムール」感想~【ネタバレ注意】「よく聞く話」が順番と焦点の充て方が違うだけで¨¨
2013.02.03 Sunday
どうも。


オスカー・シーズンに伴う映画レヴュー、今日はこちらで行きましょう。





「外国語映画賞の大本命」であるだけでなく、フランス語映画でありながら、作品賞、監督賞にノミネートされた「愛、アムール」。こちらのレビュー、行きましょう。




この映画ですが、今のヨーロッパ映画界を代表する監督ですね。”オーストリアの奇才”、ミヒャエル・ハネケの最新作。ハネケはこの映画とひとつ前の「白いリボン」(2009)でカンヌ映画祭で2作連続でパルムドール受賞という、映画史に残る偉業を成し遂げています。それ以前にも「ピアニスト」(2001)で同じくカンヌのグランプリ、「隠された記憶」(2005)」で監督賞と、世界から列強監督が集うカンヌでも最強の強さを見せている監督でもあります。


で、今回の「愛、アムール」ですが、まずはじめに言っておかなくてはなりません。この映画ですね、あらすじ、非常に話しにくいんです。と、言うのは、話していくうちにどうしてもネタが見えて来てしまうから。つまり、話の想像自体はしやすい映画なんです。¨なのですが


話の手のうちを見る人に見せているのに、なお驚くし、素晴らしい!


このあたりがハネケ映画の真骨頂ではないかと思われます。


¨ということで、今回は非常にネタが割れやすいので、あえて【ネタバレ注意】を表示したいと思います。この映画について、事前にストーリーをあまり知りたくないと思っていらっしゃる方は今日はこの辺でお別れして、3日の日本公開のタイミングまで読まないでください。


では、「それでも知りたい」という方は、これ以降もお楽しみください。


【ネタバレ注意】

ベレッツァシートカバー Bellezza アブソルート [H26/1-H29/6][ZRR80G/ZRR80W/ZRR85G/ZRR85W] ベレッツァシートカバー 【T363】ヴォクシー アブソルート



では、あらすじから説明したいと思いますが、これですね、まず


【前略】


これからはじめさせていただきたいと思います。というのは、


実は映画の冒頭で、決定的なネタバレがあるから!


この映画、先に行く先がどうなるかの手の内を見せながら進むんです!これは僕もちょっとビックリしました。「えっ、最初にネタがわかってるのに、なんでこんなに世間は大絶賛するの?」と僕も思ってしまったほどです。これに関しては、何なのか、皆さんに映画館で感じていただきたいので言わないでおきます。


その、ド頭のネタバレがあった後、話はこんな風に進みます。





主人公は、フランスの、共に80歳を超えた老夫婦、アンヌ(エマニュエル・リヴァ)とジョルジュ(ジャン・ルイ・トランティニャン)。2人は音楽の先生で、教え子は自身のリサイタルが開けるほどのクラシックの有名音楽家になっているほどで、それだけで功績がうかがえるものです。


そんな2人は、教え子のリサイタルを観に行った翌日の自宅での朝食で、ある異変を感じます。いつものように何気ない会話をしていた2人でしたが、ある瞬間、アンヌが石のように固まって動かなくなってしまいます。




しばらくするとアンヌはわれに返りましたが、

、アンヌは自分の意識がなくなって硬化したことに気がつかつきません。最初は自分を驚かせてからかっているのかと思ったジョルジュでしたが、病院で見てもらうことになります。


すると、診断結果は予想よりも悪い静脈硬化の病で早速手術を施しますが エスティマ Ptキャリパーカバーキット 普通自動車フロント&リアセット1台分 プレジアティシモ、不幸なことに経過が良くなく、アンヌの体は徐々に麻痺していきます。





しかし、元来、気高く生きて来たアンヌは病院での治療という物に強い猜疑心を抱いており、自宅での治療を主張して頑として動きません。




2人にはエヴァ(イザベル・ユペール)という娘がいました。エヴァも音楽家となっているのですが、私生活では同じく音楽家の夫が、オーケストラ団員の女性と不倫を行い、その女性が自殺してしまうという、なんとも痛ましい事件を抱えていました。エヴァには年頃の子供もいるようですが、どうやら夫の不倫以降、一家がガタガタしているようです。そんなエヴァは病に苦しむ母を引き取りたいと提案を行いますが、父ジョルジは、娘に迷惑をかけたくないあまりに自分でなんとかしようとします。


ジョルジは看護師を雇う形で、アンヌを自宅療養させようとしますが、彼女の病状は日に日に重くなり、体は徐々に動かなくなり、言葉の発生すらもかなり危ういものになってきます。そして、看護師も看護師で、中には不適切と思える乱暴な扱いをする者までいました。



結局、ジョルジュは自分で抱え込むこととなってしまい、日に日に心を閉じて行くアンヌをなんとか助けようとこころみますが¨¨。


¨と、ここまでにしましょう。


これですね、こうやってパッと読むと老人介護がテーマのような映画に見えます。


しかし、それは


前略と、その後の展開を含まなければ、の話ですが。


これ、言ってしまったら本当にネタバレになってしまうのですが、この映画に「愛」とつけられているのも、功利主義的な観点な人には許せないんじゃないか、とも思われます。


しかし!


だからこそ、この映画は素晴らしいのです!!


ただ単に「高齢者介護を通じて、改めて妻(夫)や親への愛を問う」みたいな作品なら、それこそ僕が子供のときから、高齢化社会の日本では飽きるほど見て来ました。こちら側に立った観点で見るならば 15インチ サマータイヤ セット【適応車種:フレア(MJ34S)】A-TECH シュナイダー DR01 GGC ブラックポリッシュ+グラマラスゴールドクリア 4.5Jx15Bluearth AE-01 165/55R15、こと、「病状の深刻さ」という面で言えば、日本の介護ドラマの方がはるかに過酷です。エマニュエル・リヴァの段階的な病状の悪化を伝える演技は見事なのですが、日本の介護系ドラマでの痴呆症の演技のときに「やりすぎでは」と思えるものの方が、見てて怖さがあったこともたしかです。


ただ、ここで描いているのは「病状のひどさ」ではなく、あくまでも「妻への愛」であり、それを中心に描くべきであり、それには、妻の病状のひどさをただひたすらにサディスティックに描けば良いってわけじゃない。この映画はそこのところのバランスがうまく取れていたと思います。この2人の職業上、この病気への取り組みもあくまでスタイリッシュなんです。だからこそ、そのあとの驚きの展開とのコントラストが巧みなんですが、



そして、こういう美学こそが実にハネケらしい。一見 Audi アウディ S3(A4) 8LAMKF用 リアブレーキローター 左右セット ☆送料無料☆ 当日発送可能(弊社在庫品の場合)、何の不自由ない豊かな人生をたどっているように見える人がふとした一瞬で人生の危機と狂気をむかえる可能性があること。こういう世界を描かせたらハネケは世界一です。




ハネケの名声が世界的に広がった2000年の「ピアノ・レッスン」では、これまでピアニストとして成功していた未婚の女性が、若く美しい男性ピアニストを弟子に持ったとたん、これまでピアノの腕前と引き換えに犠牲にしてきた性に目覚め、崩れ落ちて行く様を描いています。

このトイレでのイザベル・ユペールの欲情シーン、これ、本当に怖いんだ。




そして2005年の名作「隠された記憶」では、成功したフランスの有名文芸評論家の家に、昔のほんの些細なことを根に持ったストーカーがヒタヒタとジ~ッと見つめ続ける、これも本当に怖い映画。ただ、家の外観を映しただけの絵がこんなに怖く見えたことはなかったですね。




そしてカンヌのパルムドールを受賞した「白いリボン」はハネケの精神的ルーツをたどるような作品でしたけど、これも、第1次大戦前のドイツの子供たちの周りで起きる些細な出来事のつみかさねが、後年、大人になった際のナチのマインドに結びつくことを示唆した作品でした。



ハネケのこういう日常描写は今回の「愛、アムール」でも最高潮に発揮されてますね。ひとつひとつの何気ない描写は、事の熾烈さにおいてはそこまで大きなことではないのかもしれない。だけど、それがある程度積み重なったときに、気がついたらいつのまにかものすごく大きな重圧になっていて、それが信じられないことをおかしてしまう¨¨。しかも、それが「でも、現実で起こる悲しい出来事って実はこんなにもアッサリしたもんだよな」と妙に納得させられもしてしまう¨¨。この、「誰にも起こりうる密かな狂気」、これはハネケ映画に共通して流れるスピリットだと思います。


で、ハネケの場合、同じ主題でも他の監督がやったら凡庸になりかねないことを、ちょっとの工夫でものすごく劇的に見せる事が可能なんですよね。この<前略>したことと、後半の展開の時系列の順番をいじってるとこなんかもそうなんですけど、<起承転結>の<転>と<結>の間にある微妙に長い間 NGK OZA341-EJ7 酸素センサー O2センサー 9455 ngk oza341-ej7-9455、これがイヤ~な感じで胸にのしかかって来るんですよね~。


この映画、ズバリ、ここがあるのとないのでは、これまた大違いなんです。こういう見る人の心理状況を巧みに読んだ作りも非常に見事だと思います。



そしてこの映画 18インチ サマータイヤ セット【適応車種:ストリーム(RN6~9)】WEDS レオニス NAVIA 06 マットガンメタマシニングカット 7.0Jx18トランパス mpZ 215/45R18、フランス映画の歴史にある程度長けている方でしたら 、別の意味で感慨深い映画です。




ジャン・ルイ・トランティニャンに関しては、あまり多くを語らなくてもいいでしょう。1950年代から現在に至るまで60数年間、ずっと主演級の俳優であり続けたフランス映画界の重鎮ですよ。なにせ代表作にブリジット・バルドーの相手役があるくらいですからね。この「素直な悪女」とか。ヌーヴェルヴァーグ期のフランス映画を語るにジャン・ポール・ベルモンド並に書かせない俳優です。




そしてエマニュエル・リヴァの方はと言いますと、アラン・レネ監督のこの「二十四時間の情事(ヒロシマ・モナムール)」のヒロインですよ!僕、このことに関しては忘れてましたが、あの、昭和30年代の日本に降り立った美人女優さんがこうやってまだ奇麗に健在というのは感動的でありました。


そして今や、あの当時、「新時代」だったからヌーヴェルヴァーグと言われてたムーヴメントを支えた俳優が、今や老境に入り死の世界を描く存在になっていて、そこでも衰えない才気を発揮していることに、敬意とうれしさを感じるのでありました。

【T363】ヴォクシー [H26/1-H29/6][ZRR80G/ZRR80W/ZRR85G/ZRR85W] アブソルート Bellezza ベレッツァシートカバー

、アムール」感想~【ネタバレ注意】「よく聞く話」が順番と焦点の充て方が違うだけで¨¨" data-count="none" data-lang="ja">Tweet
Comment
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-72023