■オールインワン HID■55W■H11■バルブ・バラスト一体型■フォグ VOXY ヴォクシー H19.6~AZR70W.75W■


 >  > ■オールインワン HID■55W■H11■バルブ・バラスト一体型■フォグ VOXY ヴォクシー H19.6~AZR70W.75W■
 ■ Topics

ヴォクシー VOXY ■オールインワン HID■55W■H11■バルブ・バラスト一体型■フォグ ■オールインワン H19.6~AZR70W.75W■ HID■55W■H11■バルブ・バラスト一体型■フォグ


  JIA News 2001年05月号より
特集 仙台メディアテーク

■オールインワン ヴェルファイア HID■55W■H11■バルブ・バラスト一体型■フォグ フロント左右セット■適合詳細要確認■代引き不可■ VOXY ヴォクシー H19.6~AZR70W.75W■


不均質なユニバーサル・スペース
伊東 豊雄
いとう とよお
伊東豊雄建築設計事務所
関東甲信越支部・東京都

 20世紀を通じて、地球上に一体どれだけのスカイスクレーパーが建てられたのでしょうか。美しい石や煉瓦の建築を保存してきたヨーロッパの諸都市も、その内側だけで完結することはできず、パリのデファンス地区のようなニューエリアを開発しました。新しい地区には旧市街とは対照的に、ガラス張りのオフィスビルが林立しています。またアジアの諸都市も遅れた近代化を取り戻そうと猛烈な勢いで高層のオフィスタワーや集合住宅をつくりつつあります。「世界はマンハッタン化している」と言えるでしょう。
 たった一本のスカイスクレーパーでも10万㎡以上の床面積を超えるのですから、この地球上は想像も及ばない程のオフィスフロアで占められていることになります。そしてそれらのフロアはほとんどが、謂わゆる「ユニバーサル・スペース」つまり均質なグリッド状の空間であるということにもなるでしょう。大都市の相当なエリアが均質な幾何学の格子に覆われているのです。
 これらスカイスクレーパーの多くがガラスのカーテンウォールで覆われているという事実も、「世界は均質な格子で充満している」表明のように思われます。鉄とガラスでつくられた建築は冷たいと言われながらも brembo ブレンボ ブレーキパッド リア レッド BMW E90 VA20 05/04~07/09 P06 037S ブレーキ パッド パーツ 交換、何故ガラス張りのオフィスビルは世界に蔓延していくのでしょうか。
 20世紀は透明なものの魅力にとり憑かれた時代でした。ガラス然り、

■オールインワン HID■55W■H11■バルブ・バラスト一体型■フォグ VOXY ヴォクシー H19.6~AZR70W.75W■

HID化メリット
サービス
オールインワン
ケルビン数についてはこちらをご参照ください!
オールインワンキット
商品内容◆55W H8/H9/H11/H16 HID ALL IN ONE KIT
 ・HIDオールインワンキット×2
 ・日本語取扱説明書
詳細オールインワンは通常のHIDキットを一つにまとめたキットです。
純正のハロゲン球と交換するだけで簡単に取り付けできます。
取り付け時間はわずか5分!
面倒で難しい配線は一切必要ありません。
ケルビン数ケルビン数は6000K 8000Kからお選びいただけます。
プルダウンから選択ください。
保証こちらの商品は半年保証となります。
原則としてご購入された商品と異なる商品への交換は出来かねます。
商品のイメージ違い・色違い・サイズ違い等、お客様都合による交換は出来かねます。
商品の品質・管理については万全を期しておりますが、万一商品の不良・誤送・不足が
あった場合は、お届け後7日間以内にご連絡下さい。
発送について当日の16時までの注文は即日発送が可能です。
(但し、決済のとれた方に限る)
ヤマト運輸の宅急便(保証付)の発送になります。
メール便、他の発送は出来かねますのでご了承ください。
尚、手渡しでの直接取引には対応できません。物流業務を委託しておりますので、
お近くにお住まいの方でも 商品の受け取りに来ていただくことは出来ません。

、プラスチック然り、建築のみならず、我々の生活用品の実に多くのものが透明、半透明な製品でつくられています。我々は自然や大地を愛し、そこから離れられないにも拘わらず、他方で人工的、無機的なものに憧れ続ける不思議な存在です。豊かな自然に覆われた地方を捨て、大都市を求める人々が後を断たないという事実を経済現象のみで片付けることはできないでしょう。土や水や緑に馴染む身体を持ちながら、同時にもっと冷たく抽象的で透明な空間に憧れ続けるのです。
 20世紀の「ユニバーサル・スペース」の原イメージを描いたとされるミースの「レス・イズ・モア」という言葉には、このような透明で抽象的な空間への志向が凝縮されて表明されています。それは生ま生ましいものを排除する空間です。何もない時に一番美しい空間です。最後には人間までも排除するような空間なのです。
 近代科学の方法は、現実の複雑で多様に絡み合った現象から分析可能なものだけを抽出し アルト HA36S/36V型 フロアマット【テイクオフ】アルトワークス/アルトRS(HA36S) フロアマット  チェッカーイエロー/オーバーロックカラー・シルバー 運転席ヒールパッド無 ボタンタイプ(センター/ドア側)、モデル化して解明しようとしてきました。現代のオフィス空間は正しく現実から抽出された空間であり、モデル化された空間なのです。それは現実から多くのものを排除して初めて成立する抽象的空間です。
 ものを排除し、最後には人間までも排除する空間に合理性を見出し、憧れる、この二律背反に近代建築の本質的な性格があるのです。21世紀に我々はこの二律背反を超えられるでしょうか。この問題は現代建築の最大のテーマであるように思われます。

「せんだいメディアテーク」における建築としてのテーマは、均質な「ユニバーサル・スペース」を不均質な空間に置き換えようという試みであったように思われます。抽象的で排除的な空間を、具体的で包含的な空間に変えようという試みであったとも言えます。「せんだい」は地上約35メートルの高さの建築ですから、超高層のオフィスフロアのような均質さを求める必要はありませんでした。しかし公共の文化施設では珍しいフラットなフロアを敢えて積層しようとしたのです。何故ならば図書館や美術館のような文化施設が持つ空間の型(タイプ)を解体したかったからです。空間のタイプを解体することは、空間の完結性や中心性を解体することに他なりません。もっとフラットな空間にまずは置き換えようとしたのです。
 しかし「せんだい」では、通常のオフィスビルのように、均質なモデュールに従ったグリッドとコア、そしてカーテンウォールという構成も採りませんでした。そして均質で抽象的な空間を不均質で具体的な空間に変えるべく以下のような試みをしたのです。それは要約すれば 、次の3点となります。
 1) フロアハイトを各階毎に変える
 2) 各フロアにチューブ状の縦穴を設け、垂直方向の関係を持たせる
 3) 各フロアの仕上を変える

 1)「せんだいメディアテーク」の階高は4.0m〜7.4mに亘っており 【5265】マーク2 [H12/9-H16/10][GX11# / JZX11#] セダンベーシック ホワイト Bellezza ベレッツァ シートカバー、各階すべて違っています。フロアハイトの高い階と低い階が交互に繰り返されています。この違いは想像以上に空間の違いの効果をもたらしました。
 例えば都市空間がそのまま入り込んだような天井の高い1階の空間から、その1/2もない天井高の2階に上がると、妙に親密なスケールの空間に居る安心感を覚えます。子供のための開架閲覧スペースがここに置かれているのも、スケール的な安心感を与えるためです。そして3階に上がると再び天井の高いライブラリーの空間に変わります。吹き抜けのある空間で人々はリラックスして、自らの居場所を選択できます。上部から下を見下ろせる静かな場所、ケヤキ並木に面した窓際の明るい場所、「チューブ」を囲む賑やかな公園内のようなベンチ等々、階高の違いが異なる場所を生みだしているのです。
 2)7層のフロアは「チューブ」と呼ばれる空洞を持つ組み柱によって支持されています。50m四方のフロアは大小13本の「チューブ」によって貫かれています。そしてそれらは垂直のトランスポーティション・システム、ダクト、給排気、自然採光等多岐に亘る用途に用いられています。従来のコアと違って、透明な吹き抜け空間なので、上下フロア間の視覚的な関係を生み出すことができます。均質空間にはあり得なかった他のフロアの気配を察することができるのです。また大きなフロアの中央部分でも太陽の光や自然の空気を感ずることができるのです。排除から包含へ、抽象から具体へ、「チューブ」はそうした不均質さを均質空間のなかに回復しようと試みているのです。
 3)各フロアは階高の違いのみならず、仕上も徹底的に変えられました。例えば床材は石、フローリング KYB NewSRスペシャル リア2本 [ヴィッツRS NCP131 2010/12~2014/01 2WD車用] NewSR Special ショック 送料無料、カーペット、プラスチックタイルがフロアの用途に従って貼り分けられています。天井材も同様です。また北と東2面の外装材もフロア毎に異なる素材が用いられました。同じガラスでもプロフィリットのような柔らかな間接光の入る素材や透明ガラス、フィルムを貼ったガラス等が使い分けられています。
 さらにはフロアによって異なるデザイナーの家具がフロアの違いを一層際立たせています。このようにして「チューブ」の配置からすれば全く同じフロアが、階高、仕上げ材、家具等の違いによってきわめて異なる空間の印象を与えているのです。
 言い換えれば「せんだいメディアテーク」は、新しいオフィスの空間と言うことができるかもしれません。20世紀は働くための空間と住宅のような住む空間 トヨタ クラウン 170系 180系 純正仕様フロアマット(前部・後部座席分)【エクセレント6色 高級生地】◆車種別設計 カーマット 車 フロアカーペット、そして文化施設等の公共空間がそれぞれに質の異なる空間を求めてきました。しかしいま住むこと、働くこと、遊ぶことの境界は薄れつつあります。オフィスも住居も、そして公共施設の空間も変わるべき時期にさしかかっているのです。「せんだいメディアテーク」はそのような変わるべきオフィスや公共施設を模索する、

■オールインワン HID■55W■H11■バルブ・バラスト一体型■フォグ VOXY ヴォクシー H19.6~AZR70W.75W■

、ひとつの実験的試みでありたいと考えた意志の表明なのです。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-43796